牡蠣工房 牡蠣の剥き方

1.カキの殻は平らな方と、ふくらんでいる方があります。写真の丸いのが貝柱の位置です。 まずカキを丈夫な台の上に置き、平らな方を上にして写真のナイフをあてがっている部分の殻をトンカチなどで壊し、殻の間にナイフが入りやすいよう隙間を作ります。 注 必ず手袋をして作業して下さい(^-^)2.隙間が出来たら写真のように持ちナイフを入れます。
貝柱の切り方は、下側のふくらんでいる方の殻にナイフをあてがうようにすると身を傷つける事無く綺麗に貝柱が切れます。 注 あまり力を入れて作業すると手が滑って怪我をする恐れがあります。
3.ふくらんでいる方の貝柱が切れたら手で殻を開きます。
4.次に平らな方の貝柱を切ります。
写真のようにカキをめくり上げ殻にあてがうように貝柱を切ります。
5.以上のように剥くと綺麗にカキが剥けます。
後は水洗いして汚れを取ってお召し上がり下さい(●⌒∇⌒●)
ナイフを使って作業しますので手を切らないよう気をつけて下さい。

ページトップへ